製本機があれば何でもできちゃう「作家デビューしよう」

通販サイトを駆使して製本機を手に入れる秘訣

製本機を使った印刷

昔の方法

今まで通りのデザインや印刷方法であれば、コストがかかることがないですし、納品も早めることができるので一石二鳥となっています。ですので、急ぎで発注したい方には最適な方法となっているのです。

自分で製本

製本機も質がいいものがたくさんあるので、長期的に使用することができるのもメリットと言えるでしょう。最新のものはいろいろな機能がついている製本機もあるので、思い通りに作ることができます。

製本機があれば何でもできちゃう「作家デビューしよう」

冊子

カタログを取り寄せる

製本機で広告や本を作りたいと思っていても、イメージと違えば無駄な費用を使う羽目になってしまいます。ですので、まずは製本機でどのようなことができるのか、詳しく掲載されたパンフレットを参考に注文してみると良いでしょう。また、パンフレットもウェブサイトから必要事項を記入するだけで、注文することが可能となっています。例えば、企業名や名前、メールアドレス、電話番号などを全て入力して、送信ボタンを押すだけで完了します。また、配達時間を指定できるサービスを設定している業者もあるので、忙しい方は時間を指定して注文してみてください。そして、パンフレットはほとんどが無料となっているので、誰でも気軽に請求することができるでしょう。

機能

最新の製本機には、いくつかの嬉しい機能が付いています。パンフレットをよく読んでおくと良いでしょう。例えば、表示色の点滅をすることができるので、目立たせることが可能となっています。そして、速度も自分の好みに合わせることができます。他には、3~7色のカラーが用意されているので、自分がわかりやすいように色を設定することも可能となっているのです。

値段

製本機は、種類によって600000円台から200000円台までと、幅広い価格で販売されています。また、カートリッジは安くても40000円台、高いものになると50000円台となっています。質を高めたいのであれば、最初は痛手になりますが、高いものを選んでおくと良いでしょう。このように高額な製本機ですが、一台持っておくことによって、オリジナルの本を完成させることができたり、広告のデザインの幅を広げたりすることができるようになっています。また、製本機は専門店でも購入することができますが、通販サイトから簡単に注文することが可能となっているので、時間がある時にじっくり見ておくと良いでしょう。

ノウハウを伝授

まずは予約を

インターネットから注文する場合は、電話やメールで連絡を入れておくと良いでしょう。また、24時間年中無休で相談に乗ってくれる業者であれば、時間帯を気にすることなく依頼することが可能になるのです。

送料について

送料は基本的にどこの地域であっても一律料金で設定されていることがほとんどですが、購入金額によっては無料となる場合もあります。ですので、少しでも得をしたいと思っているのなら、ほかの商品もまとめて依頼するのが得策です。

支払い方法

支払い方は大きく分けて3つあり、一番手軽なやり方がクレジットカードとなっています。しかし、クレジットカードを持っていない場合は、代金引き換えや銀行振り込みも可能となっているので、安心できるでしょう。

返品交換

故意的に商品が使えない状態になっている場合は、返品や交換をすることができません。しかし、事故などの理由であれば返品や交換は可能となっています。その場合は、業者に8日以内に連絡をするようにすると良いでしょう。

返品にかかる送料

業者が原因でクーリングオフをしなければならないのであれば、100パーセント送料を支払う必用はありません。しかし、自分の都合で契約を破棄したいのであれば、送料も自己負担となるので、注意が必要です。

広告募集中